鉄・ラクトフェリン

鉄・ラクトフェリンについて

鉄不足になると?

「鉄不足=貧血」と考えていませんか?
もちろん鉄不足が貧血の原因になることは確かですが、「貧血」とは立ちくらみのような「脳貧血」ではなく、血液の成分である赤血球の数が少なくなるか、赤血球に含まれるヘモグロビンの量が減って、血液が薄くなった状態を指します。

日本人女性の鉄欠乏状態について(30〜53歳)

私たちのからだは、肝臓や脾臓などの臓器に非常用として鉄を蓄えているので、鉄が不足してもすぐに貧血になってしまうわけではありません。はじめのうちは、この非常用の蓄えを使用して不足分を補います。そのため、この時期には貧血の症状は現れてきません。いわば貧血の予備軍ですね。 ただしこの状態が続くと、その蓄えも底をつき、本当の貧血になってしまいます。

「鉄」の特徴をご理解いただけましたか?
では次に、ラクトフェリンの特長について簡単にご説明しましょう。

このページのトップへ